S6IX

The Kamiyama International Accelerator

EN/日本語

神山国際アクセラレータプログラム

一般社団法人国際知識集約型産業会議所(ICICE)と認定特定非営利活動法人法人グリーンバレー(GV)は、徳島県神山町にて神山アクセラレータプログラムである“セクター6(S6IX)”を共同設立します。

このアクセラレータプログラムは、農業、食品、CPG、栄養、ヘルスケア分野等の国際的なハイテクおよび非ハイテク・スタートアップ企業に、市場参入や品質改善の機会を提供するものです。一般公募と共に ICICEによるスカウティング及びエンゲージメントを含む採用プロセスにて、参加アクセラレーターを選考します。

ICICEは、学界、行政、そして民間部門の「知の専門家達」から構成される、日本に拠点を置く国際事業同盟(本社:大阪市)です。私たちは、無形資産(人的能力、知的資本、ノウハウなど)をバリュードライバー として活用し、参加するビジネス、研究機関、知的クラスターの持続的な繁栄を共通目的とします。研究の革新、技術投資、ライセンスの可能性を探求することに興味がある私たちにとって、ICICEは、ネットワーキング、エクスチェンジを、および企業構築のためのグローバルプラットフォームとして機能します。

  • 私たちは、国際的に多様な経験とアイデアの、自由で開かれた交流をサポートします。
  • 私たちは、イノベーションを引き起こし、組織の文化とプロセスをグローバル化に適応させたいと考えています。
  • 私たちは、イノベーションの利害関係者に手を差し伸べ、主要産業内でグローバルな連携を構築し、国際的な知識クラスターと市場への参加を増やします。 そして
  • 私たちは、資本としての知識の開発を促進および支援し、それによって、メンバーおよび国際産業の商業的および研究開発の利益を満たすために、イノベーション科学を前進させます。

「認定特定非営利活動法人グリーンバレー( 以下グリーンバレー)」は、「神山町国際交流協会(1992年設立)」を前身とする認定NPO法人で、2004年に徳島県神山町に設立されました。「日本の田舎をステキに変える!」をミッションとして、経済的に自立したコミュニティの構築に向けた地域の社会問題解決を目指して活動しています。グリーンバレーは、神山を再発見し、エキサイティングで創造的な場所として再編成することを目指し、これは「グローバル神山」と呼ばれています。長年のグリーンバレーの活動により、神山は日本の地域社会のモデルとなり、日本の農村部での人々の働き方や生活を変えてきました。グリーンバレーでは、神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR )、Bed & Studioプログラム(アーティストの滞在支援)、サテライトオフィス誘致事業、アドプト・ア・ハイウェイ神山(清掃活動をベースとしたまち美化プログラム)、神山町移住交流支援センター受託運営、コワーキングスペース「KVSOC神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス」や「神山町農村環境改善センター」の指定管理、森づくりをはじめとする、地域経済を刺激し、文化の発展を促し、農村問題の解決策を見つけることを念頭に、各種事業を推進しています。

2021神山セクター6加速器の申請については、直接お問い合わせください。